Smart-問診 電子問診システム

電子カルテと連携できる「タブレット用電子問診システム」

Smart-問診は、病院の問診票をタブレットで簡単に入力ができるシステムです。1画面に1つの設問を表示し、見やすい文字、押しやすいボタンで入力できます。
回答は単数選択、複数選択が可能な他、シェーマ図等に記入、回答内容に合わせて設問を表示することが可能です。

患者に関わるデータはタブレットには保存しないため、タブレット盗難時の情報漏洩を防ぎます。また、電子カルテとの連携が可能で、Smart-問診で入力された問診票内容を電子カルテ内で確認することができます。

紙の問診票では説明することが難しい痛みの箇所や度合いをイラストで表現することができ、患者が状態を伝えやすくなります。
シェーマ図を利用して痛みのある箇所をタップで入力する、痛みの度合いを感覚的に記入することも可能です。

かんたんに回答できる入力形式

入力形式

単数選択、複数選択、イラスト付き選択、スライダー、数値入力、人体図(シェーマ図)、日付、時間入力・テキスト入力

必須回答・分岐表示

問診票の問題は、回答しなければ次の問題に進むことができない必須設定が可能です。問診票の中で、回答していただきたい問題を確実に回答していただけます。

回答内容に合わせて、回答選択肢と問題表示を切替えることができます。必要に応じて問題、回答項目を表示することで不要な問題・回答の表示がなく、スムーズに回答ができます。

電子問診票で負担を軽減

Smart-問診で回答された問診票の情報は電子化されます。紙の問診票に比べ、パソコンに入力する作業が不要で、入力ミスも防ぐことができ受付業務の負担を軽減できます。

タブレットで使用する問診票は、パソコンの管理画面から簡単に操作できます。管理画面では、問診票の作成・編集、患者情報登録等の作業が可能です。

セキュリティ対策

Smart-問診では、使用するタブレットに個人情報、回答内容等のデータは保存しません。さらに、電子カルテとの連携では、Smart-問診に最低限のデータのみを連携するように設計されており、個人情報を守るためのセキュリティを強化しています。

電子カルテとの連携

電子カルテとSmart-問診で患者情報、問診票回答データの連携が可能です。中小クリニック向け電子カルテとの連携の他、総合病院の電子カルテとの連携実績があります。

導入事例

総合病院向け
国立大学法人 富山大学附属病院様
2015年秋よりSmart-問診を本格導入されました。小児科(ぜんそく問診)、耳鼻咽頭科(めまい問診)、生活のしやすさに関する問診、苦痛症状問診等にてご利用いただいております。
詳細こちら

試用版

Smart-問診試用版
Smart-問診(電子問診システム)のiPad用アプリと管理画面を操作できます。
対応機種:iPad2 以降
対応OS:iOS6 以上
AppStoreからタブレットにダンロードしてください。

ドキュメント

Smart-問診(電子問診システム)パンフレット
Smart-問診(電子問診システム)パンフレット
ページトップ